活躍する女性も増えている

 雇用や職業選択で男女平等が広まり、昔は男性の仕事として考えていた分野にも女性が進出しています。これは悪いことではなく、むしろ良いことですが、長らく同じ性別の人間ばかりが集まっていた職場というのは異性に対して配慮がないことが多い場合もあります。
これは男性に限ったことではなく女性も同様で、看護師や介護士といった業界は男性にとってなんとなく居づらいものがあるかもしれません。
 同様のことが男性が中心となっていた場所にも言えて、工事現場や職人の世界、そしてIT業界も同様です。一昔前まで女性はコンピューターに興味を持っていないと思われていましたが、昨今では積極的に好んでいる人も多いようです。
また技術方面に優れてシステムエンジニアを目指している、働いているという女性も多いでしょう。こちらに関しては完全に閉鎖された世界ではなくとも、まだ男性の比率が高いのも確かなことで、のりとして女性にはついていけない部分も出てくるかもしれません。特に残業、深夜仕事になると下ネタのノリが激しくセクハラ、モラハラといった問題が出てくる可能性もありますが、悪気は特になかったりします。
もちろん良いことではありませんが、慣れはあるので少しずつ改善していく方法を見つけて実行していくと良いでしょう。過度な押さえつけはチームワークを乱すことになり、敵を作りかねないので早急ではなく時間をかけて改革していくことが好ましいのです。
 女性につきものの問題を実例を挙げつつまとめた本などを読めば、上手く改善していくためのヒントを得られるでしょう。